2012年

8月

07日

あなただけのストーリー、世界観を伝えよう!

こんにちは。

昨日、自身3回目の参加となる合宿。
特別ゲスト講師に藤村正宏さんを招いての第6回・新潟ソーシャルメディア道場セミナー合宿』に参加してきた、naturehood代表の塚本です。


http://www.naturehood.jp

 

 

 

さぞかし、佐渡の方々はこんな攻撃的な怪しい集団を見てビックリしたのでは(笑)

それもそのはず、ソーシャルメディアとマーケティングのプロ集団が一気に佐渡に上陸した訳ですからね(汗)

さて、僕自身、ずっとソーシャルメディアを中心としたプロモーションを仕事としてきている訳ですが、必ずしもソーシャルメディアだけで、本当に伝えたいことが世の中に伝えられると思っていたわけではありません。

ソーシャルメディアは情報発信に欠かせないツールですが、ビジネスに繋げようと考えると、あくまでも保管的な役割を果たすひとつのツールだ思っています。

 

それは、今回の合宿で藤村先生のエクスマ的マーケティングを学んだことにより、その重要さをさらに強く感じた次第です。

 

ビジネスとして、お客様に伝えなければならない情報とは。
それは、
「モノ」ではなく「コト(事)」
「ライフ」ではなく「ライフスタイル」
「スペック」ではなく「意味」

 

安くて良い商品が世の中に当たり前のように溢れ、どうしても買わなきゃ生きていけないというモノがほとんどと言って存在しない時代。


消費者は、買う理由や決め手を探しているわけで、こういったことを意識するだけで、劇的にビジネスが好転することを学びました。

 

そうなると、さらに大切になるのがですよね。


他人より友人から、そして友人でも、その人が持つ独特なストーリーや世界観に心を惹かれ、思わずその人がススメる商品を購入したくなっちゃうわけです。


それらを意識した上で強力な発信力を持つソーシャルメディアが実名、顔出しのFacebookだったり、リアルの世界であればPOPやDMだったりするわけです。

伝える手段はWebとリアルで数あれど、誰がどう伝えるのかがポイントになるということ。

ただ発信すれば良いだけではなく、何を伝えるか! なのです。

企業、個人相手に関係なくビジネスをされている皆さん、今、お客様にどのような手段を使い、そして何を伝えようとしてますか?

まさか価格や意味の通じないキャッチで、売り込みばかりしてたりしませんよね。

 

 

 

安売りするな! 「価値」を売れ!
藤村 正宏 実業之日本社 売り上げランキング: 1070