2013年

3月

04日

PayPal Hereと楽天スマートペイ電子決済導入比較!

先日、本人が目の前にいるにも関わらず、その方の等身大パネルとツーショットを撮影しようとしてしまったnaturehoodの塚本です(笑)

http://www.naturehood.jp/

まったく何やってんだかですね(汗) 

 

さて、結構前から注目していたスマートフォンを使った電子決済サービスですが、ソフトバンクがPayPalと組んでスタートした「PayPal Here」と楽天の「楽天スマートペイ」といった大手2社が出揃っていますね。

個人的には、iPhoneにおさいふケータイが付いてくれた方が嬉しいのですが、なんだかその話はもう実現しないかなって勝手に思ってたり(笑)

まあユーザー側としては、どんどん使い勝手が良くなって欲しいのですが、決済で使われるお店側にとっては、端末代や決済手数料ってのは本当に死活問題なので、そう簡単に導入できない問題かなとも。

それらを考慮すると、この2つの決済サービスは注目したいところです。

 

今まで手数料が高く、支払いサイクルの問題などでカード決済導入を見送っていた店舗や個人商売をされている人にとって、イニシャル的にもランニング的にも非常に導入リスクが少ないサービスになっています。

なんてたってスマホ一台とリーダーがあればカード決済できちゃうってあたりは、スペースも取らず、どこでも手軽に持ち運べて時代ニーズに合ってますよね!

日本もアメリカまでとはいかないけどカード社会に近づいていて、そのあたりのユーザーを取り込む絶好のチャンス到来になるかなって。

そういうこともありまして、2つのサービスを簡単に比較してみました!

「PayPal Here」と「楽天スマートペイ」比較


まあサービスを提供する側目線で見てみると、ソフトバンクさんはこのサービスで自社のスマートフォンユーザーを獲得したい、楽天さんは楽天カードユーザーを獲得したいって最終的な戦略が見え見えですね(笑)

ちょっと比較表が見にくい(醜い)ので、各サービスのリンクを参照に(汗)
 

 

「PayPal Here」

https://www.paypal.jp/here/

 

「楽天スマートペイ」
http://smartpay.rakuten.co.jp/

サービス的には2社どっこいどっこいな感じではありますが、使用するスマートフォンのキャリアの縛りが少なく、長い目で見た際の手数料、PayPalより認知度の高い楽天、それらを考えると、現段階では楽天スマートペイに部があるような気がします。

ただ、孫さんは「決済サービスに革命を起こす!」的なことを言ってたので、今後どのような戦術を打ち当ててくるか楽しみにしたいと思います!

もちろん、導入される側の方はターゲットとなるお客様にカード決済需要があるかどうかを事前にしっかり見極めないとですよ~!

最後に、どちらかの決済サービスを契約した店舗さんがあれば、等身大パネルを作成して「カード決済始めました」なんてPRもありですね!

そうしたら、僕がツーショット撮影しに行きますので(笑)
 

山代温泉 加賀の宿 宝生亭の美人女将