2016年

9月

15日

複数のライブ配信サービスに同時配信可能!「LiveShell X」体験イベントに参加してきたぞ!

場所は、港区新橋一丁目12番9号、ツクモデジタル.ライフ館 6F イベントフロアで開催された「LiveShell X」体験イベントに行ってきた!

あれっ?ここってヤマダ電機だったんじゃね?(ってことはどうでもいいか)

ライトライブ配信を心がけてる私、じつは熱狂的なLiveShellファンであり、ユーザーでもある。

 

現在のところ、LiveShell(無印)、LiveShell PRO、LiveShell Wedgeを持っていて、カメラ1台の時はLiveShell PRO単体で、2〜4カメのときはLiveShell Wedgeでスイッチングをし、LiveShell PROを繋いで配信をしている。

LiveShell Wedgeにも配信機能は付いてるんだけど、配信と録画機能を使うと、アプリからのプレビューができないとか、いろいろ気を使ってしまうんですよね。

で、一番最初に購入したLiveShell(無印)はというと...←どうしたら良いのコレ(笑)

いつもワンマン配信の私としては、1台で何でもありありの配信機器が欲しいんですよマジで!

そして、今回そんな私のために!?かは不明だが、
9月6日にCerevoから発売された配信機器がコチラ!

 

「LiveShell X」

 

スペックの詳細は公式サイトにお任せするとして、外見(ルックス)写真をグルリと。

 

LiveShell X 正面
LiveShell X 正面
LiveShell X 正面から見て右側面
LiveShell X 正面から見て右側面
LiveShell X 正面から見て左側面
LiveShell X 正面から見て左側面
LiveShell X 背面
LiveShell X 背面
LiveShell X 底面
LiveShell X 底面

 

触った感触としては、小さいけど文鎮のようなズシリとした重さを感じ、見た目の率直な感想としては「穴が多い」だった(笑)

でも、この穴の多さは、あらゆる現場で配信する人たちからの要望を受け、多めに設置したとのことなので、こんなあんな場所や位置に設置できるんじゃないかなと。

 

岩佐社長のプレゼンからコレだ!的なスライドも何点かパチリ!

 

若干新しい項目が追加されたダッシュボードのカスタム機能もおさわりしてきた!

 

個人的には、動画配信サービスが乱立している昨今で、主要となる複数のサービスに同時配信しながら録画できるってところがいちばんのツボ!

 

現在、地元で開局している草加元気放送局では、YouTube LIVEをメインにサブ的にスマホでFacebook LIVEからライブ配信しているんだけど、LiveShell WedgeにLiveShell Xを繋げて、YouTube LIVEとFacebook LIVEに同時配信しながら、バックアップとして録画機能を使いたいなーって思ってる次第です。

で、最終的に買うかどうかと言うと、じつはとっくに予約してたりします(笑)

9月末には出荷開始がされるとのこと。

今回は信じていいですよね!

岩佐社長?(笑)