2016年

9月

23日

ランチパスポート 越谷市・草加市 第3弾発売!今回はどんな素敵なランチグルメと出会えるのだろうか!?

 

草加駅前を通ると、もはや発売日には恒例となっている「ランチパスポート本日発売でーす」の声が!

ちょうど今日、9月23日が『ランチパスポート越谷市・草加市 第3弾』の発売日だったらしい。

過去2冊ともに購入はしてたけど、大して利用もせず、とくに待ち望んでいたわけでもなかったんだけど、お宝店舗が掲載されてることを期待して駅前の高砂ブックスにGO!

 

やっぱ人が集まるところでのプロモーションって効果絶大ですよね(笑)

ランチパスポート越谷市 草加市 第3弾
9月23日に発売!『ランチパスポート越谷市・草加市 第3弾』

 

さっそく、地元草加市のページをパラパラ〜とめくると、馴染みある友人の店舗が継続して掲載されてたり、されてなかったりと、嬉しかったり残念だったりもあるんだけど、行ったことがないお店が新たに掲載されてると、やっぱ胸アツですよね!

そんな中、第3弾で個人的に嬉しかったのは、過去にメディアを賑わせていたあの『ブンブン餃子 総本店』が掲載されてたこと!

何を隠そう、未だ入ったことも食べたことがないのである。

これは、「食せよブンブン餃子!」と神のお告げに違いない!

もはや、自分をこの心理状態にさせただけでも、ブンブン餃子は掲載した効果があるんじゃないだろうか!

ランチパスポート(ランパス)への店舗掲載料は無料ではあるが、余儀なくランチメニューの金額は下がるため、利益が取れないのも現実だ。

そこで、掲載店舗側は収益目的でなく集客効果を見込んでの広告費と念頭に置いておかなければならない。

まずお店を知ってもらわなければ、そのお店の存在は無いに等しい。
商売は始まらないし、いちばん大切なポイントなだけに、こういった媒体を活用して露出することは大切である。

 

新しい店舗などは特に。

そこから先は、ランパスで足を運んでもらったお客様に対し、リピートしてもらえるモノ(料理の味やSNS登録などへの誘導など)が準備できてるかによって、掲載したことの真のメリットが生まれるのである。

掲載店舗側としては、ランパス利用でどれだけ来店してくれたかどうかも大事だが、その利用者をいかに常連客へ繋げるかまでを考慮しておくことが重要なところだ。

ランパスヘビーユーザーは、コスパ重視で居心地が良い店を探している主婦と定年した夫婦が多いと自分は見ている!

お店側は、その辺のターゲットも絞って準備しておくのもポイントになるんじゃないかと!


さてと、自分としては誰を誘ってブンブンしようかなと思っている次第である(笑)