ビブリオバトルとはプレゼン能力も磨かれる知的書評バトルだ!

 

草加市松原1-1-9あたりから。

 

チラシを手に取ったら、"ビブリオバトル”と聞いたことがない言葉を目にしたのでメモ代わりに記事にしておく。

 

 

「ビブリオ」で検索ても、なんこっちゃという感じだったので「ビブリオバトル」で再検索。

ほほ~っ!

出てきましたよ知的書評合戦ビブリオバトル公式サイトが!

簡単に言うと、自分にとって最高の一冊をみんなの前で熱く紹介(書評)して、最後に投票によってNO.1 を決めると言った戦いだ(簡単すぎる説明だろw)

読書感想文をただ読み上げるのではなく、ジェスチャーなどを含めたプレゼン能力の高さが必要になってくるのであろう。

対象年齢などは、各バトルによって様々なようであるが、小学生からこういった能力を磨き上げる場所が作り出せるコンテンツは本当に素晴らしい。

また公式ルール内では、「発表の様子は動画にとりUstreamやYoutubeにアップロードして、あとからでもみんなが見れるようにする」という項目も記載されている。

 

これは、ぜひとも草加元気放送局で取材に入り、バトルの様子を抑えたいところである。


今回、10月16日(日)に草加市立中央図書館で開催される『本しょうかいゲーム。ビブリオバトル・草加の陣

非常に楽しみな知的バトルだ!